古い住宅を活用|全国で物件が探せるピタットハウスをチェックしよう

全国で物件が探せるピタットハウスをチェックしよう

インテリア

古い住宅を活用

家

リフォームで再利用

統計によれば、福岡県には約32万戸もの空き家があるとされています。ただし賃貸や売却の相手を探している空き家もあるので、実際に住む人がいない住宅は12万戸程度です。まだ福岡市には流入してくる人口も少なくありませんが、その他の地域では過疎化が進んでいるところも多く、空き家の増加が深刻な問題になっています。空き家を放置しておくと老朽化や雑草の繁茂で美観を損ねるだけでなく、ゴミの不法投棄や不審者の侵入を招くこともあるため注意が必要です。福岡県ではいくつかの空き家活用モデル事業を採択しており、たとえば古い住宅をリフォームして賃貸したり、地域の交流の場として活用したり、田舎旅行の宿泊施設に利用したりしています。

定期的な管理は必要

福岡県下の各市町村には空き家バンクがあって、家を探している人とのマッチングを行なっています。ただし登録したからといって、ただちに条件の合う相手が見つかるとは限りません。長い間放置して劣化した家は、それだけ買い手や借り手もつきにくくなるため、定期的に手入れをしておくことは大切です。高齢などの理由で管理が難しいときや、住所地から遠く離れた空き家を相続したときは、外部の空き家管理サービスを利用するという方法もあります。福岡でも多数の専門業者が相談を受け付けており、資産価値の維持や防災・防犯に役立てることができます。サービスの内容や料金は業者によって異なるため、まずは電話やメールで問い合わせてみましょう。